FX投資の魅力の1つがレバレッジです

FXには、様々な専門の用語があります。
指値あるいは逆指値といったような言葉は、FXに限らず、株でも用いたりします。
指値注文は成行注文と比べて、計画的な取引が望めるという利点がある反面、注文の取引が成立しにくいという弱みもあります。
逆指値注文の方なら上手く使うと、損切りが迅速に行えます。
FXの取引を行うときは、為替相場が大きく変化する時間帯をきちんと把握しておくことが肝要です。
典型的なのがアメリカの雇用統計が発表された後の時間帯です。
さらに、米国FRB理事会の後も大きく変動します。
1日の時間帯でも日本、欧州、米国などの主要な市場で取引が始まる時間から大幅に変動する場合もあるので、市場が始まる時間をしっかりと認識しておくようにしてください。
FX投資の一つの魅力は、レバレッジでしょう。
このレバレッジという用語を直訳すると意味は「てこ」ということで、取引保証金(証拠金)をFX業者に預けると、その金額以上の売買が、できることを指します。
どの程度レバレッジをかけられるかはFX業者によって違いがありますが、規制前と比較すると、その倍率は低下しています。