特定看護師の役割とは?

海外ではすでに定着しつつある特定看護師ですが、日本でも特定看護師の重要性が注目されるようになり徐々にではありますが、実現しつつあります。
ですが、日本における特定看護師は、海外に存在している特定看護師のように医師の指示がなくても医療行為を行う分野があるというものではなく、根本は医師の指導を仰ぎながらというものがあります。
医師の負担が増えている事で医師不足が取り沙汰されているのですが、医師の視点から見れば特定看護師の存在はかなり大きなものになると言えます。
医師の指導があるからこそ、看護師は患者一人一人にケアができるようになります。
ですので、特定看護師と言う分野を作る事によって、看護のみならず処置ができる看護師が増えれば、病院側も円滑に患者を受け入れる事ができるようになるわけです。